最大10万円キャッシュバック

引越し 準備

引越しをするとなると、引越し準備に早めにとりかかった方がよいです。

なにせ引越しとなると、やるべきことが山積みです。

 

特に大変なのが、引越し荷物の梱包作業
梱包を全て引越し業者にお任せしてしまうという手もありますが、そうすれば当然料金も相当高くなってしまいます。コストを下げるためには、やはり自分でできることが自分でやったほうがいいです。

そこで、引越し準備のやることリストをピックアップ!

 

1)まず、各部屋にあるものを全て把握することから始めましょう。


押入れやクローゼット、あるいは物置の中にしまいこんであるものを1つ1つチェックして、必要なものか捨てるものかを決めないといけません。

取捨選択に迷いがある場合は、「人生がときめく片づけの魔法」で大人気になった近藤麻理恵さん(コンマリさん)の片づけ術を参考にするとよいでしょう。時間があるなら、読んでみてはいかがでしょうか。→ マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

不用品が山のようにでてきたら、捨てるのはもったいないので、不用品買取業社に依頼をしてできるだけ高く買い取ってもらいましょう。

不用品の買取を行ってくれる業社はこちら


不用品おかたづけ見積りネット

 

2)必要なものだけになったら、梱包を始めましょう。


梱包にはダンボール箱の準備が必要です。いろんな文字が書いてあったり、少々汚れていたり、形がくずれていてもよいのであれば、近所のスーパーなどから無料でダンボール箱を分けてもらいましょう。

中に入れる荷物を大切に保管、運ぶために、ダンボール箱はやはり新品が良いという方は、こちらから新品のダンボール箱を購入することができます。→ ダンボール (段ボール) 120サイズ 10枚 45×35×33cm 

 

梱包の仕方にはコツがあります。
できるだけ同じ種類のものを同じ箱に詰めるようにします。サイズもできるだけ同じようなサイズのものを同じ箱に詰めるようにすると箱に収まりやすく、より多くの荷物を箱詰めすることができます。

 

本などの重い荷物は、ダンボール箱のサイズは小さいものにしましょう。大きいものに重たい荷物ばかりを詰めてしまうと、運ぶときに重たすぎて腰を痛めたりするリスクがあります。

そして、梱包した箱には、上と四方の側面に詰めた内容を記入します。
できれば、引越し先の部屋のどの部屋に運ぶ荷物かがわかっていれば、それも記入しておくと引越し後の荷捌きがしやすくなります。

 

梱包し終わった荷物は、軽いものは下に、重いものを上に重ねます。そうすることで運び易くなります。

 

3)家電用品の電気コードなどは紐やゴムでまとめましょう。


冷蔵庫は中身を空っぽにして、コードを抜き常温にしてから乾燥するのに約1日ほど時間がかかりますので、時間に余裕をもって準備しましょう。

テレビやパソコンのモニター等の梱包には毛布を利用したり、緩衝材を巻くなどして梱包します。

 


「引越し達人セレクト」見積もり

 

 

 

単身引越しは数回経験がありましたが、今回は家族での引越しでしたので、引越し料金を抑えるために引越し見積もり一括サイトを利用。満足のいく結果を機会に、引越し見積もり一括サイトをランキングにしてみました。(`・ω・´)

 

 

© 2018 引越し 見積もり rss